今NHK教育で、ライヒの音楽特集を聞いています。 このあいだの来日公演のとき、行きたかったのだが、 迷っているすきにあっという間にチケット完売。 今日新聞見ていたら、特集の記事が飛び込んでキタ! 18人の音楽家のための音楽と 新曲のDaniel variationsを聞けたのがよかったです。 今は、DIfferent Trainsを演奏しています。 映像やタイポグラフィーを使った演出もよいです。 ほんと、ライヒの音楽は、やっぱりタイポグラフィーがよく似合う。 昔、自分でフォントを作る授業をとっていたちょうどその時、 ライヒの音楽にハマっていて、クラッピングミュージックを タイポグラフィーで表現、みたいなことを課題で作ったことがあったなぁ。 ふとそんなことを思い出した。データどこいったっけ?? 何はともあれ、生で聞いたらもっとすごそうだけど、 カクテル飲みながら、テレビでまったり聞くのもなかなかよいです。 ------------------------------------------------------------------ 番組名:NHK教育テレビ「芸術劇場」(毎週金曜日 22:30〜24:45) 放送日時:7月4日[金]22:30〜24:45 * 情報コーナー 22:30〜22:48 「スティーヴ・ライヒの世界・その魅力」 * 公演コーナー 22:48〜24:45 「コンポージアム2008」スティーヴ・ライヒの音楽 情報コーナーではライヒ氏のインタビューを交えて、ライヒについて、お送りする作品の魅力について紹介いたします。 22:48からの公演コーナーは、第1部(22:48〜24:17)が「コンポージアム2008」から《ダニエル・ヴァリエーションズ》と《18人の音楽家のための音楽》をフルサイズで放送。第2部(24:17〜24:45)は2月にNHKのスタジオで収録したストリング・クヮルテット・アルコの演奏による《ディファレント・トレインズ》を放送します。 Read More

Steve Reichが来日するようだ。 http://www.operacity.jp/concert/compo/2008/index.html CONCERT#1 2008/5/21[水]19:00 コンサートホール ・ライヒ:ダニエル・ヴァリエーションズ(2006)30'[日本初演]◎◇ ・ライヒ:18人の音楽家のための音楽(1974-76)60' ◎☆ CONCERT#2 2008/5/22[木]19:00 コンサートホール ・ライヒ:ドラミング パート1(1970-71)17' ☆ ・ライヒ:プロヴァーブ(1995)14' ◎◇ ・ライヒ:18人の音楽家のための音楽(1974-76)60' ◎☆ Read More

インタラクティブ東京一日目が終わりました。 エンターテイメントコンピューティング学会も一緒に行われ、 今日はそのセッションの中でプレゼンも無事終了。 冊子をもらって読んでいると、一枚のフライヤーが。 このフライヤー1枚で三十分は笑えます 笑 夜に行う、「ドークボットTΩKYΩ~俺様、非科学、刹那編~ in 日本科学未来館」 http://dorkbot.org/dorkbottokyo/index.html というイベントのフライヤーでした。 会場に行ってみると、となりで、東京夜景を一望できると~ってもセレブな学会懇親会が 行われている隣で、とんでもない演奏がはじまりました。 低音に合わせて、コカコーラがまわり、次にミキサーが音に合わせて連動し、 演奏中にバナナ牛乳ができあがり、観客が回し飲み… ちなみに、会場で売っているウィインナーの値段は二本で300Ωでした。 最高に面白かったです。このイベントはぜひまた行きたい。 Read More

週末、バイト帰りに ひさしぶりに表参道あたりをうろつきました。 しかし、最近都内にいくといえば、バイト先の五反田&おなじみ秋葉原なので、 こういう街を純粋に遊び目的で歩くのは3ヶ月ぶりくらいかも。 待ち合わせついでに、偶然スパイラルでやっていた表参道国際未来空港の展示を見ました。 展示自体は、ちょっと期待はずれだった。 PCとヘッドホンで聞く、高木正勝の音&movieを座って眺めていたら 6人くらいのスッチーさんが前に、そして私の真後ろに機長が立ち、 機長の指示のもと、どうやらアテンションプリーズ!のパフォーマンスをしはじめて、 間にはさまれた私はまったく身動きがとれず…ちょっとどうしようかと思いました。 そして本日のメイン、Michel Camilo@BlueNoteです! Michel Camil Jazz方面は未開拓で、この方も全然知らなかったんだけど、 うーん、ひさしぶりにぐっと来た! 予想以上によかったです! 帰りにnakata.net.CAFEなるものを発見し、入ってみた。 当たり前かもしれないが、nakataの活躍シーン垂れ流しで笑 なかなか面白かったです。 Read More

Terry Rileyが来日するそうです! http://www.terryriley.com/ (Takechan情報より…thanks!) 平日だけど、これは行かなきゃ! http://www.jiyu.jp/kengaku/saiji.html より 11月15日(火)コンサート「賢者の手:テリー・ライリーのピアノ」 11月16日(水)コンサート「ビート経文:テリー・ライリーとビート詩人たち」 11月17日(木)トーク&デモンストレーション うーん、全部行きたいんですけど… とりあえず一番気になっている16日に行く予定。 Read More

二日前ですが、ついに行って参りました。 朝崎さん@池上本門寺は2回目。朝崎さんのライブ自体は4回目かな?常連さんでございます。 今回はUAが出るということで期待しておりました。 今井ちゃんががんばってくれたので、整理番号300番台なのに最前列です。 朝崎さんも普段のおちゃめなところとあの歌声!今回もまたすばらしい。 で、UAも生では初です。朝崎さんに負けじとすばらしい! でも今回は、出演者がたくさんいすぎるようなかんじがします。 ピアノの演奏者も前のほうがよかったな。なんか音が重くなってしまった感。 最後は全員スタンディングオペレーションならぬ、オールスタンディング踊り(?!) ですごい盛り上がり。 UAに「立ってー」と目の前で言われてしまったのにはかないません。 はあ、はしゃぎすぎました。 佐伯さんやハナさんや高見くんや、色々な人に会えてそれはまたうれしかったです。 Read More

今年も行くわよっ! 朝崎郁恵コンサート「おぼくり2005〜嘉義丸のうた」 日蓮聖人入滅の地として七百数十年の歴史を重ねてきた池上本門寺。 本師釈迦牟尼佛と四菩薩が奉安されている本殿の中、 魂をゆさぶる唄声。。。 涙を誘うひととき。。。。。 シマウタの弟子である「UA」がシマウタシャとして初共演!!! 「ウォン・ウィンツァン」(plays ベーゼンドルファー・インペリアル!!)との念願東京初共演! 伝説的なコンサート、残席少数! 出演:朝崎郁恵(唄)     黒木千波留(ピアノ)     中孝介(三味線、お囃子)     土居秀行(パーカッション) スペシャルゲスト     UA     ウォン・ウィンツァン 日 時:2005年6月5日(日)       17:00開場 17:30開演  チケット:前売り¥4,500 当日5,000      全席自由 (整理番号付き) 会 場:東京池上本門寺 本殿内 Read More

スコットランド、エジンバラにて マーカス・エオインとミカエル・サンディソンによって結成された BOARDS OF CANADA この、寒いけれど、すごく澄んでいる感じの空気感がたまらない。 Read More

くるみ割り人形の中の「こんぺいとうの踊り」に出てくるオルゴールみたいな音の楽器は 「チェレスタ」というものだそうです。 1886年製造なので、じつは新しい楽器。 ピアノ線のかわりに鉄筋が使われている。 チャイコフスキー作曲のくるみ割り人形で初めて使われたようです。 Read More

Read More