早起きを心がけようと思います。Bestは5時半、最低でも7時までには起きます。 昔は僅かな期間でしたが、早起きして海を走っていたこともあったのですよ。これでも… バイトだったら起きられるのに、自分の意志だけだと何故か起きれない。 のでコンビニで朝バイトをすると言い出したところ、予想に反して家族が猛反発です。 母親:やせてる→朝バイトをするともっと痩せる→病気になる 父親:朝からレジ音聞くなんてアホ。早く起きて散歩しろ。朝の花鳥風月を愛でろ。 という、説得力があるのかないのかわからない両者の主張にねじ伏せられたので断念しました。 そしたらこんなものを発見しまして、 http://www.hayaoki-seikatsu.com/ これだ!と思った訳です。 皆様、早起きできたら拍手をお送りください。 明日、宣言早々遅起きだったらおおいにバカにしてあげてください。 三日坊主だったら、ぷぷっと笑ってあげてください。 Read More

乾燥炉がどうしても必要。うー、どうするか、どこかの工場にお願いするか… と思いきやこんなページを発見。 笑ってしまったよ。 http://www.blenny.co.jp/q5_answer0306.htm 自分で作れそうなので作ってみました。 横長で、これがまた私がちょうど入る大きさなんです。 なので乾燥炉の後はお棺としても使えます。 背が高いため、私が死んだときには、きっとお棺は特注でしょうから、 そしてあまりお金をかけなくてもらいたいので、これを使ってください。 乾燥炉まではよかったものの… 頼んだ荷物(電熱線)が届かないのが痛い。 連絡しようにも、よりによって今週は三連休(泣) さらに、色々問題が発生。参った。 Read More

今日偶然見た番組。 2回シリーズらしいです。 バクダッドの電池には驚きました。 NHK「驚異!古代のテクノロジー」 http://www.nhk.or.jp/dramatic/onair/index.html ----------------------------------------------------------------------------------- 私たちは最先端のテクノロジー製品に囲まれています。 しかし電気もパソコンもなかった数千年も昔に、我々の祖先は当時の技術を組み合わせ、 想像を遥かに超えた数々の発明品を作り出していました。 番組では残された資料などから古代の発明品や建造物を再現し、 その驚くべきテクノロジーを2回にわたって紹介します。 ・原題:Ancient Discoveries 2 ・制作:S4C(イギリス・2005年) ・ナレーター:渡辺徹 ------------------------------------------------------------------------------------ Read More

けっこう日がたってしまったが書き貯めていたレポを公開。 8/27  リノ到着。2人の旅のお供と合流。ラスベガスのようなカジノ街のホテルにて一泊。 8/28 リノ周辺買い出し。 アウトドアshopの獲物袋、猟銃、剥製に大興奮。 スーパーで一週間分の水、約15ガロンと食料を購入。 8/29 チャリを購入し、昼過ぎに出発。 BMオフィスとwebcam中継しているあの曲がり道を通り過ぎ、 Special Event Aheadの看板が見えてくると、車は舗装道路から砂漠道へ。 その頃、砂嵐が押し寄せ、視界&呼吸が最悪に。 それでも、ゴーグルとマスクをつけたgreeterの「Welcom Home!!」のお出迎えには感無量。 そして、なぜか私たちの車の後ろを超巨大海賊船が走る。 天の川と流れ星、満天の空のもとテントを張る。 住所は2:00&Gestalt也。 8/30 Man見物。 Manの下は迷路で、各部屋ごとにArttheme:psycheにまつわる仕掛けやら作品。 電子回路を使ったインスタレーションが普通にあって、しかも回線むき出し。意外と平気らしい。 本気で迷う迷路を抜けて2階への階段をのぼると会場を一望。 ディズニーランドのパレードも腰を抜かすへんてこ巨大アートカーや、 2階建て建物サイズの作品がぼこぼこある摩訶不思議なプラヤの光景は想像以上。 Burnerの気合いの入れっぷりに脱帽。 フラードームの多さに驚く。 夜はDJ yummyで朝まで踊らされ、日の出を拝む。最高也。 8/31 秋葉風撮影会。 センターキャンプでボディペイントをしてもらった後、 おそらく10年振りであろうブランコやトランポリンでしばし遊ぶ。 9/1 朝到着したNahoさんにお茶をご教授いただく。 チャリで走っていると、いたるところで水やらおかしやらスイカを配ってくれる。 夜の散策で、はじめてArtCarに飛び乗る。 夜のBlackRockCityはEL-Wireが基本だった。 センターキャンプにてBRCの国勢調査(census)に協力。性別の項目はdefaultで5種類あった。 9/2 絶対に脱がねぇ!と思っていたCritical Titsに気づいたら参加していました。 完走した後のかき氷は極上の味! 夜はNozさんのところで肉!! 帰りには、R2D2ばりのロボットと巨大キリン型ロボットに遭遇。 その後、Paul Oakenfoldで踊って〆。 9/3 Powerriderに乗らせてもらう。意外とすぐ歩ける。 昼は、私までもらい泣きした、感動!おしゃまんべさん結婚式!しかも和装! その後、新婦をのせて御神輿わっしょい。 そしてMan燃える。巨大火柱と降り注ぐ火の粉。 最後はTIESTに踊らされ、私がburn。 9/4 Isa様と奇跡の再会。そしてそこはSiggraphエリア。 色々な人との再会を果たす。 砂嵐防御マスクと3Dプリンタ出力の貝をくれたScottさんはGPSを持ってお出かけ。流石! アリスのシャム猫ArtCarはIsa様・作と聞いてますますIsaファンに。 スターウォーズに出てきそうなロケット型ArtCarもScottさん作。 テンプルburn。そして強風の中での静和尚の護摩炊きは鬼気迫るものがありました。 その後、manの目印がない暗闇プラヤの大地で迷いに迷い、泣きそうになる。 9/5 朝会場を去る。 Renoに向かう途中、PyramidLakeのほとりまで行く。 最後は二人はSFに行ってしまい、一人@リノ。 寂しいのでカジノをやる。5ドル儲ける。 9/6 飛行機。 9/7 成田から滋賀県へ飛ぶ。 9/8 学会は期待はずれだったので早めに引き上げ、 京都、西陣織会館で遊ぶ。 9/9 朝帰宅。 BurningManが「No spectators!」を掲げているように、 皆何かを作りたくて、どうにか表現したくて、 なんとしてでも目立ちたくて、しょうがないんですね。 大まじめにバカをやること/やってみることを知りました。 でもそこにはバカの一言では収まらない強さがあります。 そしてNon-commercialで支えられる公共空間での人と人との繋がりは どんなものにも代え難いものがありました。 毎日が嵐のような10日間でした。 Read More

BurningManの写真管理にと、かねてから噂のFlickrを導入しました。 写真管理の使いやすさはgoo! さらに色々なツールが開発されているのが面白い。 雑誌風にできたり http://flagrantdisregard.com/flickr/magazine.php カラーチップスで色分けに出せたり http://krazydad.com/colrpickr/ typeした文字がそれぞれflickrの写真で構成されたり http://metaatem.net/words/ contact listを可視化したものがあったり http://www.marumushi.com/apps/flickrgraph/ などなど 色々惹かれるところがあり、丸一日かけてセッティングです。(英語の壁…) サイドバーのところのも、いい感じでしょう?? プライベート用写真アップはもう少々お待ちを。 ってかこんなことやってる場合ではないのだ。。 明日から巻いていくぞ。 Read More