数日前、新聞で見た「夢の机」の実現のお話。 この机は、じつはうちの研究室向きなのではないか、と思う。 おそらく、収納スペースには、電子工作キットが入っていて、 使うときにだけ、アイロン台がひき出せて、ちゃんと本もしまって、というような かんじになるんだろうと思う。 素晴らしい!! 「書斎」や「食事」を前提とした机というのは、世の中にいっぱいあるけれども、 それ以外の用途のための机、例えば、「ものをつくること」を前提とした机というのは、 じつはほとんどないのかもしれない。 特筆すべきは、「夢の机」の背後にあること、だと思う。 中原が想定した、「女性は美しくあるべき、美しい生活をすべき」という価値観。 そして、「そのような生活をするには、自分たちで作らなければならない(作らざるを得ない)」 という時代背景。 ファッションデザインは、”職業”デザイナーがすること当たり前、な現代において、 ”ファッショナブルなものをつくる”ということが、 普通の生活の、身近なところに存在し、自分自身の手で作っていたこと、 そして、そのためのツールとして「夢の机」が考えられていたことは、非常に興味深い、と思う。 ------------------------------------------------- http://blog.excite.co.jp/i-product/4281019より 昭和20年代から活躍したデザイナー・画家の中原淳一。50代以上の人には懐かしい名前だし、若い世代にもそのレトロ感あふれる作風は再注目されている。 目のくりくりした女性のイラストが有名だが、実はファッション、インテリア、食生活まで、当時の日本の暮らしに新しい提案をした異才の人で、中原がエディターとして主宰した雑誌「それいゆ」は企画、執筆、アートディレクションから、誌面構成までを手がけ、当時の女性に絶大な影響を与えた。今で言う、ライフスタイル誌だった。 その「それいゆ」誌上で昭和24年に中原がイラストで発表した夢の机が、58年ぶりに商品化される。 敗戦後、まだ充分ではない住居事情の中では、女性が自分の部屋を持つと言うことは夢のようなことだった。その時に、「もしあなたが自分の部屋を持つことができるようになったら、こんな机はどうだろうか」と中原は考え、この机があれば女性が家でしたいと思うことのすべてをすることができる机をデザインしたのだ。 Read More

やらなきゃいけないことは山積みなのに、やる気が出ないと 必死でお家でもがいていまして、生命の危機を感じたので、家から飛び出して参りました。 さあ、どこに行こうかと考えあぐねた末、とりあえず藤沢まで行ってくることに決めました。 駅に着いたら、わーわー、キレーーー!!すごーーーい!! そういえば、今日は、世間的には成人式なんですね。 本当は、明日のバイトのあとに行く予定だったのですが、これは企画前倒しだ、と悟り、 池田重子さんのコレクションを見に行くことに決めました。 池田重子コレクション「日本のおしゃれ展」@MATSUYA銀座 http://www.matsuya.com/ginza/topics/0115e_oshare/index.html ある一つの帯止めに合う着物を求めた末の、膨大な着物コレクション。さすが、見ごたえがありました。 そして、ただ集めるだけではなく、自分で創作着物も作ってらっしゃって、 特にインドネシアのバティックをベースにした着物はなかなかのものでした。 かんざしのコレクションも素晴らしかった。 この池田重子さんの「日本のおしゃれ展」は、かなり前からやっているようですね。 見終わって帰ろうとしたところ、アナウンスで、これからサイン会をやります、との情報が。。 わぉ!本人もいらっしゃるんだー、と思い、早速、コレクションの図録にサインをしていただきました。 池田さんご本人にもお話をしてきました。とても励みになりました! 帰りに松坂屋で、紫草色の世界展、という看板が目に入ったので、行ってみました。 こちらもすごい!もうフロア一面、紫の世界! 石川貴啓さんという方が、絶滅危惧種である紫草を古代の資料を基に30年かけて蘇らせたそうです。 その根から取り出した”紫”色の布、服、着物、小物の数々。 ここまで紫色に囲まれるという体験は、後にも先にもないような気がします。 服は愛知万博でファッションショーを行ったときの服だそうで、素晴らしかった! 銀座ってこんなに面白かったのか!!と新たな発見の一日でした。 がんばろー。 Read More

あけましておめでとうございます。 思えば、確か去年の今頃は、色々ありまして、 めちゃくちゃ大変な年越しだったような気がします。 あれから一年。長い長い、あっという間でした。 アメリカに3回も行ったり、たくさんの著名な方々とお話したり、 色々な意味で、自分の限界(普通の人より圧倒的にキャパが少なかったよー泣)に挑戦して、 みんなに助けられて、それでも、ちゃんと結果が得られた年でした。 一方で、ベテランなパーティーピーポーなみなさまに連れられまして、 色々なパーティーに顔を出して、遊びました。今年は箱モノなし!全部、外だったよ 笑 超苦しかったけど、超面白かった。こんな濃かった一年は今までにナイ!! 今年の目標は「仕事を取ってくる!いろいろ作る!もっと遊ぶ!」です。 去年以上に濃い一年になることを願います。目指します。 みなさま、今年もよろしくです♪ Read More