江渡さんといえば、確か大先輩に当たる人で、SensoriumやWebhopperを作ったすごい人、 くらいしか知らなかったのですが。 とある日、ふと目にとまった『Mobile Society Review』という雑誌を発見して、 「あー、田中さんが出てるー」と思って読んでみたのですが、 その雑誌にのっていた江渡さんが書いていた文章に目がとまりました。 (あ、田中さんも、面白かったです。) ------------------------------------------------------------------- 私は2002年よりWikiを専門として研究をしている。 wikiを専門としているというと、怪訝な顔をされることがよくある。 Wikiのような単純な仕組みのどこに研究するようなことがあるのかと。 しかし、Wikiは面白い。知れば知るほど、その奥の深さに驚くようになった。 何がWikiをそんなにも特別にしてるのか、書いてみたい。 ------------------------------------------------------------ という前ふりから始まる「なぜそんなにもWikiは重要なのか」という論文。 私の中で、結構衝撃でした。 未来心理のWEBから落とせるんだね。 http://www.moba-ken.jp/activity/msr/07.html# 元の論文はこちら。でも未来心理のほうがスリリングに思います。 http://lc.linux.or.jp/paper/lc2006/ で、今、私は、デザイン言語(授業というか講演会?)のTAをしているんだけど、 今日、ゲストとして待ちに待った、江渡浩一郎さん登場です! 講演のタイトルも「なぜそんなにもWikiは重要なのか」でした。キタ!!! 創造性の連鎖の可視化、という話が大ヒットでした。凄すぎてまだ頭が追いつきません。 Modulobeは、どこをとっても面白いけど、これこそが神髄に思います。 ちなみに今iccで展示やっているみたいです。 「コニュニケーションをどう定義していますか?」 という講義後の学生からの質問にこう答えていました。 仮想生物を簡単に作れる物理シミュレーション・システム、Modulobeの制作者の言葉ですヨ。 「定義するのは難しい。よく情報のやりとり、と言うけど、じゃあ情報って何なのか。 シャノンのコミュニケーション理論とかもあるけど、 本当に重要なのは、自分にとっての情報は何か、ということ。 結局は、「生き物」を抜きにして情報は定義できない。」 最後には、ちゃっかり、色々相談にのってもらったりしました。 非常に刺激的な一日でした。ありがとうございました! 参考 江渡さんのページ http://eto.com/ Sensorium Project http://www.sensorium.org/index-j.html Modulobe http://www.modulobe.com/ Read More

4月26日より、TOKYO FIBER展が始まります。 研究会の後輩が山中俊治さんの作品"エフィラ"の作品制作をお手伝いしていて、 すごく面白い作品に仕上がっているので、ぜひ見にいきましょう! ほかのメンバーも、盛りだくさんで、 このテーマを、どう作品に消化させるのだろう、と非常に楽しみにしています。 -------------------------------- JAPAN CREATION支援企画展「TOKYO FIBER’07SENSEWARE」(主催:JC実行委員会) 4月26日(木)~29日(日) 東京・表参道のスパイラルガーデン&スパイラルホールで開催。 午前11時~午後8時、最終日は午後6時終了 [link] テーマに“SENSEWARE”(感覚の器を示す造語)を掲げ、日本の繊維産業が世界をリードする高機能繊維を素材に、様々なクリエーターや異業種の先進企業が、人間の未知の感覚を目覚めさせる発想と、新たな衣服・環境とをつなぐ、知的冒険の運動会 Read More

してみたよ。何年ぶりだ。 友達に横浜に呼び出されたついでに、ヘアカット行ってきたのです。 久しぶりに、とてもかっこいい、おしゃれな美容師さんに担当してもらったので、 色々話してみたら信用できそうだったし、適当に遊んでもらった^^ またエクステもいれてみたけど、今回は大人しめな色です。 Read More

ただ、老朽化した家の壁を塗り替える、というお話なのですが。 自分の家に住みながらにして、自宅が、緑色の布とビニールテープに巻かれるというのは なかなか面白い経験です。 日の光が差し込んでも部屋の中が緑色になるし、最近風が強いので、 ビニールが壁に当たる音が割と轟音で、変な気分です。 しかし、、、 職人さんが家のまわりに足場とか組んでいるところ見ると、手伝いたくなっちゃうよw そうなのです!ちょうど、一ヶ月前は、 足場を組み立てて、上からコンクリを流し込むのを手伝ったり、 シャベルで砂をひたすら運んだりしていたのです。 主にやったことは、最近車いすの人も結構観光で来るらしく、 車いすで中に入って来れるようにと、スロープを作っていました。 あと、新しくできた部屋の内装、タイルを敷き詰める作業をしていました。 いつか私と同じようなworkshopperがもっとたくさん来て、寝泊まりできるようなるはずです。 少し(かなり)更新が遅いArcosanti Todayに、いつのまにかのっていたので、ご覧あれ。 http://www.arcosanti.org/today/2007/03/28.html http://www.arcosanti.org/today/2007/04/09.html ボスの補佐、兼、私たちの教育係、の女の子に色々教えてもらいながら、 「建築学部なのに、大学だと誰もこういうこと教えてくれないのよ!」と語る、これまた女の子二人と、 微々たるものだけど、建設にお手伝いしてきたこの体験は、すごく貴重だ。 (面白いことになぜだか、今回のworkshopperの男の子はみんなagriculture の方に興味があったみたいw) コンクリを流しこんで、平らにする際の、絶妙な手の動かし具合とタイル張りが面白かったかな。 いつか自分の家を、できるところまででも、自分で作りたいと思ってるんだ。 Read More

アーコでの土日は、基本的にすることナシ! 出発前、国際免許をとれなかったのでどこへも行けず。 何年かぶりに「暇」という感覚が蘇えりました。 そんなわけで、ワークショップメンバーみんなで、レンタカーを借りて、 TusconのBiosphere2に行こうという話になり、 念願の(?)Biosphere2を見てきました。 ------------------------------------------------------ Biosphere2 バイオスフィア2(Biosphere2)、すなわち第2の生物圏とは、アメリカ合衆国アリゾナ州オラクルに建設された、巨大な密閉空間の中の人工生態系である。建設の目的は人類が宇宙空間に移住する場合、閉鎖された狭い生態系で果たして生存することが出来るのか検証すること、あわせて"バイオスフィア1"―すなわち地球の環境問題について研究することであった。 (Wikipediaより) ------------------------------------------------------ 今はただの温室で、一般公開されているんだけど、昔はとんでもないことをしていたのですね。 ちゃんと”海”(というか水族館?)もありました。珊瑚の研究に使われているようです。 Biosphereの後は、サボテンがぼこぼこ生えている場所で、朝まで、野外パーティーでした! Read More

1ヶ月のワークショップを終え、日焼けして帰ってきました! 一週間目は授業。 二週間目の月、火、水と、Cosanti(Arcosantiの母体)とフェニックス周辺のField Trip。 後半で、constructionとagricultureを体験。 三週間目と四週間目で、ガチンコ!土木作業!をこなしてきました。 やっぱり建物がすごく面白いのです。 とりあえず、Arcosantiの写真を使ってphotowalkerで遊んでみました。 こちらから歩いていってください。 (windowsのFirefoxのみ動作確認。Win版IEだと落ちるみたいです。。。) Cosantiもこれからアップします。 ------------------------------------------------- PhotoWalker [link] ところで、photowalkerにそっくりなのを発見。少しびっくりだ 笑 Photosynth http://labs.live.com/photosynth/default.html Read More