ある着物屋さんでのこと、ぼろぼろの帳面、のようなものに出会った。 ”縞帳”という、いわば、織った布の端切れのスクラップブック。 代々、子孫に機織りの技術を伝えるものとして、反物の端切れを帳面に貼ったものだ。 中には、その布きれとともに、織り方までもが、独特の織りの記号で書いてあるものもある。 ---------------------------- One day, I found a old and ragged old notebook in a KImono shop. This is called "shima-cho", a kind of scrapbook in which is pasted on by many small pieces of scrappy cloth.In ancient times in Japan, people have scrapped ...Read More