ACE@ハリウッド レポ
Advanced Computer Entertainmentという学会に行ってきました。
6/13
P1010743.jpg
宿泊先は、サンタモニカのユースホステル。何気に初ユースデビュー!
ここは徒歩5分で海。なので、到着後早速海へ。
ちなみにここはマッスルビーチとも言われているところ。
のでマッチョマンが集っているイメージを期待していったのですが、
集うというよりは、マッチョマンを養成する遊具?
がいっぱいあるということですね。
これでみんな鍛えてるんだ…
夜はカルフォルニアロールをたらふく食べました。
6/14
サンタモニカからバスで30分くらいのwest hollywoodにあるホテルが会場でした。
今日の要チェック作品
「VooDooIO」 [link]
vio3.jpg
ランカスター大学のNicholasさんの作品。
これはすごい!新規性、面白さともにダントツです!
ユーザーがボードの上にボタンやスライダー、ダイアルなどを
自由にカスタマイズできるもの。
このボードはどこにでも接着可能。
なので、自分の椅子のひじかけに自分の好きなコントローラを
プスっと刺すだけで、オリジナルのコントローラができる。
Reception party
VooDooIOのNicholasさんにも話をきく。
石井さんにもご挨拶。
Wearableについて色々とお話を。
鋭い指摘!励みになります。
夜は会場の近くのUCA intaruvtive designのオプショナルツアーに行ってきました。
映像学校らしく部屋のつくりがスタジオっぽい。
建物の構造ばかり気になっていました。
そこで見せられたものが、部屋全面にディスプレイがあり、
それを使って、遠隔で繋がれたプレイヤーと協同でゲームをするというもの。
で繋がっている先は…うちの学校でした 笑
P1010752.jpg
6/15
発表。今回は、私が発表ではないからお気楽なんだけど。
8月は自分が発表しなければならないので、ドキドキしながら
発表を聞いていました。先生お疲れです!
割といい反応でうれしい。
今日の面白かった作品。
Audio Pad [link]
table2.jpg
MIT MediaLab、石井さんのところの作品。
テーブル上に駒みたいなものを自由に動かして演奏できる楽器。
よくエレクトロニカ系のライブは、MAC開いて何か操作しているんだけど、
オーディエンスは、白いリンゴをじっと見てるしかない状況が多々ある…
ということを考えると、leasibility(判読性、DJのツマミなどのように
performanceを見ている側もわかるということ)を重視するというのは、とても納得がいく。
これでDJしたらかっこいいだろなー。
さすが、Tangible Media Groupのところは、完成度が高い。
Gravity Jockey [link]
P1010781.jpg
去年のSIGGRAPHで人間ラジコンとして出していた作品で、
今回はGravity Jockeyとして作品を発表していたもの。
GJか…こう来たか。かなりハードコアっすね。
耳の後ろに電極流すと、人間の傾きをコントロールできるんですよ。
電気流されると、リアルに視界が歪みますから。ぐにゃっとね。
で、あとは操られるままです 笑
コアなパーティーピーポーは、割と好きかもね。
これからのpartyにはDJ、VJ、そしてGJの三点セットというのも
まんざらでもない感じで 笑
同行メンバーのParavisionチームのポスター。
DSC01056.jpg
KuriちゃんのPlantDisplayがブロンズ賞になったようです。
おめでとう!パチパチ。
plantdisplay_design.jpg
夜、会場近くの本屋で、Techno Textileというかなり直球な本をゲット。
0500512450.01.LZZZZZZZ.jpg
6/16
Getty Center
デモは昨日で終わってしまってようだし、
最終日であまり気になるのもなさそうなので、
ということで、Getty Centerへ。
ここは建物から展示物まですごくイイ、のに全てタダ。(素晴らしい!)
幸運なことに、以前からすごく気になっていた
Eliot Porterの写真展が行われていて、大興奮!
建物や庭も洗練されていて、一日中楽しんできました。
夜はGregと一緒にdinnerをご一緒しました。
P1010788.jpg
P1010806.jpg
6/17
朝、がっつり朝ごはんを食べて、サンタモニカのビーチを散歩。
そして帰国。
P1010841.jpg
いろいろな刺激を受けてきました!
みんなお疲れ!