先日仕事先で、ダイソンアワードの授賞式に行ったのですが、
どうもそこで流されている映像がなぜかファッションショー。
よくよく見てみるとイッセイミヤケだったので、
おおお、ダイソンとのコラボレートってことか!と、かなりびっくりでした。
さて今日、イッセイミヤケ取締役社長の太田伸之さんの講演会があったので
アップルストアで聞いてきました。
ダイソンアワードではよく見れなかったけど、
社長の解説付きで、ショーを見ることができました。
なんと、あのダイソン掃除機を解体して、部品や設計図を織り込んでいるらしい。
あと、会場の掃除機の巨大チューブがブオンブオン言っていて、
インパクト大でした。
お話は、デザインと組織と世に出すということをかなり考えさせられました。
あと、トレンドではなく、世の中の価値観の風を読む、ということ。
とりわけ、社員が働くときのモチベーションが、三宅さんをはじめ、
カリスマ性の強いデザイナーの方に向いてしまう傾向を、
改めて、お客さんの方へ向けさせている取り組みが、なるほどと思いました。
デザイン系であまり「お客様のために」
ってあんまり聞かないし、むしろダサイフレーズと思ったりしてしまうのだけど、
ああ、ここは本当に徹底しているのだな、と。
今までは、デザイナーばかり、目がいってしまっていたのだけど、
クリエイティブ力だけに頼ったら終わりだから、
デザインはよくて当たり前、という意識で
誰に売るのか、ということを徹底的に指導している太田さんありきだな、と思いました。
私の常連の青山店は、本当に泣くくらいサービスがいいのですが、
納得がいきました。
今、あるデザインの商品化を進めているのだけど、
経験がなく、本当に悩みまくっていました。
けど、やるべきことが少し見えてきました。
本当に貴重な機会でした。
—————————–
参考
The WIND
http://www.isseymiyake.dyson.com/
2008年春コレクションの映像
http://www.afpbb.com/fashion/2207741
太田社長のblog
http://plaza.rakuten.co.jp/tribeca512/